ニッポン金融ウラの裏

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際に大きな変化が起きているとは言いがたい。それにはさまざまな原因があるだろうが、今回は、銀行と監督官庁との間の二つの「勘違い」を取り上げる。

 第一の勘違いは規制緩和をめぐるものだ。金融業界では官庁への規制緩和要望の提出が毎年の恒例行事となっている。既存の法令の枠組みを超えて新たなビジネスに挑むには、規制緩和が欠かせない。銀行業界は毎年、金融庁に対して多種多様な規制緩和要望を提出している。

 そのひとつが不動産に関わる兼業規制だ。銀行は不動産仲介業の兼業が禁止されている。銀行が不動産仲介に…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1288文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。