知ってトクするモバイルライフ

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。還元率は最大で20%。期間は5月31日までだが、前回と同じく還元額が100億円に達すると終了する。

5000円を超えた分は適用外

 昨年12月の1回目は、やはり還元率が20%と高く、上限も月に5万円まで大きかったため、利用者が殺到。結果として、開始からわずか10日で100億円に達した。クレジットカードの不正利用やシステム障害など課題も浮き彫りになったが、ペイペイの知名度は急上昇。登録者数は400万人を突破したという。

 2回目のキャンペーンは、「日常の決済でペイペイをご利用いただきたい」(中山一郎社長)という趣旨で企…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1207文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。