人生に必要な「おカネの設計」

パート妻が「ガンガン稼ぐ」メリットとデメリット

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 東京都に住むA子さん(38)は、小学生の子供を育てながらパート勤務をしています。2017年までは、会社員で年収500万円の夫(36)の社会保険の被扶養者(第3号被保険者)から外れないよう、いわゆる「103万円の壁」を意識し、収入が年103万円以内に収まるように働いていました。

 配偶者控除の制度が改正された18年からは、控除を受けられる年収の上限額が年150万円になりましたが、年130万円(従業員501人以上の大企業で要件を満たす場合は年106万円)を超えると社会保険料を自分で支払う必要があります。「103万円の壁」はなくなり、「130万円の壁」「106万円の壁」になりました。今回は、妻のパート収入について考えてみます。

 現在A子さんは、夫の社会保険上の扶養を外れないように、収入が年130万円を超えない範囲で働いています。ただ、収入が年150万円以下であれば「配偶者特別控除」が受けられ、夫の手取りが大きく減ることがないと知りました。今後、本格的に教育費がかかるため、もう少し収入を増やしたいと考えています。

 家計で大切なのは「いかに貯蓄していくか」で、貯蓄を増やす方法は三つしかありません。一つめは支出を減らすこと。二つめは収入を増やすこと。三つめは資産運用してお金に働いてもらうことです。

この記事は有料記事です。

残り1680文字(全文2231文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。