スルガ銀行 不正の構図

第三者委員長が感じた「スルガ銀行の刹那的な価値観」

編集部
  • 文字
  • 印刷
スルガ銀行の不正融資をめぐる問題で、第三者委員会の委員長として報告書をまとめた中村直人弁護士
スルガ銀行の不正融資をめぐる問題で、第三者委員会の委員長として報告書をまとめた中村直人弁護士

第三者委・中村直人弁護士に聞く(1)

 スルガ銀行のシェアハウスをめぐる不正融資について、第三者委員会の委員長として報告書をまとめた中村直人弁護士(59)に、なぜ数多くの銀行員が不正に関わったのかについて聞いた。【聞き手、今沢真・経済プレミア編集長】

 ――スルガ銀行の場合、シェアハウスの融資に携わった行員がほぼ全員、不正に関わっていました。不正がそれだけ広がった原因をどうお考えですか。

 ◆中村直人弁護士 不正は、通帳のコピーを偽装したり不動産の売買契約書を偽造して2通作ったりするよう…

この記事は有料記事です。

残り1416文字(全文1659文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz