ニュースをウラ読み

統計不正と小4女児死亡「公務員削減」の共通する構図

位川一郎・毎日新聞紙面審査委員
  • 文字
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関

 厚生労働省の「毎月勤労統計」をめぐる不正と、千葉県野田市で女児が虐待を受け死亡した事件。まったく別々の出来事ですが、報道を見ていると、共通する構図に気がつきます。国や自治体の担当職員が足りない中で起きた、という点です。長年続いてきた公務員削減に行き過ぎはなかったか。考え直すべき時だと思います。

3分の1以下に減った統計職員数

 毎月勤労統計は従業員500人以上の全事業所を調べるルールなのに、厚労省は東京都分をサンプル調査に変…

この記事は有料記事です。

残り1216文字(全文1429文字)

位川一郎

毎日新聞紙面審査委員

 1957年広島県生まれ。東京大経卒。81年埼玉新聞社入社。88年毎日新聞社入社。水戸支局、経済部、総合メディア事業局、地方部などを経て、2004~10年経済部編集委員。国土交通省、農水省、総務省などを担当し、ライブドア騒動、米国産牛肉の輸入再開、公共事業問題などを取材。13年から現職。