スルガ銀行 不正の構図

負債1055億円!?シェアハウス運営会社あきれた実態

編集部
  • 文字
  • 印刷
債権者集会の会場前の看板=東京都中央区で2019年2月19日、今沢真撮影
債権者集会の会場前の看板=東京都中央区で2019年2月19日、今沢真撮影

「かぼちゃの馬車」運営会社の債権者集会(1)

 スルガ銀行の不正融資問題にからみ、昨年5月に東京地裁から破産開始決定を受けたシェアハウス「かぼちゃの馬車」運営会社、スマートデイズの初の債権者集会が19日、東京都中央区の区営ホールで開かれた。配布された財産目録によると、届け出のあった負債総額1055億円に対し資産額は5515万円で、債権者への配当(返済)は困難なことが明らかになった。

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1230文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz