スルガ銀行 不正の構図

「かぼちゃの馬車」実質経営者“資金流出の手口”

編集部
  • 文字
  • 印刷
スルガ銀行の融資を受けてシェアハウスを購入した人たちによる抗議デモ=2018年10月11日、今沢真撮影
スルガ銀行の融資を受けてシェアハウスを購入した人たちによる抗議デモ=2018年10月11日、今沢真撮影

「かぼちゃの馬車」運営会社の債権者集会(2)

 破産手続き中のシェアハウス「かぼちゃの馬車」運営会社、スマートデイズ。初の債権者集会が19日に東京都内で開かれ、破産管財人の清水祐介弁護士が経過を報告した。スマートデイズの実質的なオーナー経営者は、佐藤太治(さとう・たいじ)元社主だと実名を挙げて指摘。スルガ銀行が融資するシェアハウス販売の仕組みを作ったのはこの元社主であることを明らかにした。

 経過報告によると、元社主がスマートデイズを設立したのは2012年。当時の社名は「東京シェアハウス」…

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1641文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz