スルガ銀行 不正の構図

スルガ銀「信頼回復への道筋」第三者委員長の見方は?

編集部
  • 文字
  • 印刷
スルガ銀行の不正融資をめぐる問題で、第三者委員会の委員長として記者会見に臨む中村直人弁護士(中央右)=2018年9月7日、宮武祐希撮影
スルガ銀行の不正融資をめぐる問題で、第三者委員会の委員長として記者会見に臨む中村直人弁護士(中央右)=2018年9月7日、宮武祐希撮影

第三者委・中村直人弁護士に聞く(2)

 スルガ銀行のシェアハウスをめぐる不正融資について、第三者委員会は昨年9月に調査報告書をまとめた。その後、金融庁が行政処分をし、スルガ銀行による旧経営陣の提訴といった動きがあった。第三者委員会の委員長を務めた中村直人弁護士に、スルガ銀行の信頼回復の現状を尋ねた。【聞き手、今沢真・経済プレミア編集長】

 ――スルガ銀行の不正に関して第三者委員会が報告書を公表してから5カ月がたちますが、銀行の信頼回復は…

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1407文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz