ベストセラーを歩く

直木賞「宝島」で豊かに描かれた沖縄の明るさと闇

重里徹也・文芸評論家、聖徳大教授
  • 文字
  • 印刷
直木賞に決まり、記者会見で記念撮影に応じる真藤順丈さん=2019年1月16日、竹内紀臣撮影
直木賞に決まり、記者会見で記念撮影に応じる真藤順丈さん=2019年1月16日、竹内紀臣撮影

 日本文学が不振をかこっていた1990年代、ジャーナリズムはさまざまなところで新しい才能を求めていた。貧血気味の文壇を救ったものの一つが沖縄出身の作家たちだった。

 又吉栄喜、目取真俊の2人が芥川賞を受賞し、崎山多美や長堂英吉といった書き手も注目された。いずれも沖縄で生まれ、沖縄に住む作家たちだった。

 ここで大切なのは沖縄という土地の力だ。沖縄では、現代日本が直面しているさまざまな問題やテーマが、拡大鏡を通したようにあらわに見える。アメリカとの関係、悲惨な戦争の記憶、自然破壊、地域共同体の解体、アニミズム的な精神世界。すべてが手で触れられるように身近に感じられるのだ。

 実はそれは東京でも大阪でも、日本人全体が直面している問題でありテーマでもあるだろう。近くに米軍基地…

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1601文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。