「自己保身社会」の現実

格差社会の平等幻想「あきらめきれない」から嫉妬する

片田珠美・精神科医
  • 文字
  • 印刷
 
 

<処方箋編>

 現在の日本社会では、みなが被害者意識と怒りを募らせている。だが、怒りの原因を作った本来の相手に対してはなかなか怒りをぶつけられない。だから、その矛先を自分より弱い者に向け変えるしかなく、弱者たたきが至る所で起こっている。

 また、過度にコミュニケーション能力が要求されるようになり、「空気を読め」という重圧が強まったせいで過剰適応気味なのか、みな疲れ果てているように見える。さらに、権威があると考えられていた組織や人物の威信が失墜する騒動が相次いでいるため、日本は大丈夫なんだろうかという不安の声をしばしば聞く。

 おまけに、誰も責任を取ろうとせず、うまくいかないことは何でも他人のせいにして、「自分は悪くない」と…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1534文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

片田珠美

精神科医

 広島県生まれ。大阪大学医学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。パリ第8大学精神分析学部で学ぶ。精神科医として臨床に携わり、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究している。「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)、「高学歴モンスター」(小学館新書)など著書多数。