キャリアを築くヒント

「成績悪すぎ」自己評価書が書けない部下に贈る言葉

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷
 
 

 業務目標を実現できたかどうか、できなかったとすればなぜかと自分自身の仕事ぶりを振り返るのは大切なことです。普段は日々の作業に追われているため、まとまった時間を取るのは難しいでしょうが、年度末などの節目のタイミングに多少は無理してでも振り返りの時間を確保したいものです。

 自分の仕事を振り返る際には、できるだけ客観的に評価し、中長期的に目指すべき方向を模索していくことがポイントです。ただ、若手の中にはこうしたことがうまくできないケースがあります。今回は、管理職の知人が、自信を失っていた部下に掛けた言葉を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1146文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。