人生に必要な「おカネの設計」

「家賃=ローン返済額」のマンション購入がNGの理由

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 東京都に住む会社員のA太さん(35)は、会社員で妻のB美さん(33)と子供(5)と休日にマンションのモデルルームへ行きました。駅近の新築物件で価格は5000万円ですが、A太さんはとても気に入り、モデルルーム常駐のファイナンシャルプランナーに相談して返済計画を立ててもらいました。

 頭金なしで、借入額は5000万円。変動金利0.625%(2019年2月末現在)で返済期間35年の場合、ローン返済額は月13万2572円でした。A太さんは「今の家賃13万円とほぼ変わらない返済額で家が持てるなら買ったほうが得。返済額も問題ない」と購入に前向きです。

 A太さんの手取り収入は年305万円、B美さんは年190万円で、家計の手取りは年495万円です。「本…

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文2124文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。