週刊エコノミスト・トップストーリー

中国「ベンチャーバブル崩壊」急速に冷めるIT投資

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
荷台に載せて運ばれるシェアサイクルの山=北京で2019年2月(高口康太氏撮影)
荷台に載せて運ばれるシェアサイクルの山=北京で2019年2月(高口康太氏撮影)

 中国の景気減速が世界を揺るがせている。その背景には、米中貿易摩擦だけでなく、根深い構造問題も潜んでいる。週刊エコノミスト3月19日号の巻頭特集「中国大失速」よりダイジェストでお届けする。【高口康太・ジャーナリスト】

上場前の価値評価が高すぎた

 2月中旬の上海を訪れた。最高気温が13度を超える日もあり、例年に比べて暖かな陽気のせいか人通りが多かった。旧正月のお祭り気分が残る百貨店は、干支(えと)の豚を模した派手な飾り付けが施され、高級ブランド店にも客の姿が目立つ。活気づく街からは、中国経済の減速は感じられない。

 しかし、中国の成長の原動力でもあるベンチャー業界の関係者は、異変を感じ取っている。ベンチャーキャピ…

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2369文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。