カリスマ転落

日産・ルノーの関係を定めた極秘協定「RAMA」とは

編集部
  • 文字
  • 印刷
質問に答えながら、ルノーのジャンドミニク・スナール会長(左)と見つめ合う、日産自動車の西川広人社長=2019年3月12日、梅村直承撮影
質問に答えながら、ルノーのジャンドミニク・スナール会長(左)と見つめ合う、日産自動車の西川広人社長=2019年3月12日、梅村直承撮影

日産、ルノー、三菱3社共同会見(2)

 3月12日に行われた日産自動車、ルノー、三菱自動車の3社トップによる共同記者会見では、「覚書」と書かれた1枚の紙が報道陣に配布された。そのなかに「RAMAは継続する」と書かれた項目があった。「ラマ」と読むこのアルファベット4文字は、いったい何のことなのか。

 配布された「覚書」は、サブタイトルが「アライアンスの新たなスタートおよびアライアンス・ボードの設立」とつけられている。アライアンスとは、3社の提携関係のことだ。覚書は9項目あり、最初の項目は「3社は、今後もアライアンスの継続を全面的に支持し、アライアンスの強化を願うものである」と書かれている。

 「RAMA」の4文字が登場するのは、7番目の項目だ。「RAMAおよび関連するマネジメント協定および…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1295文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz