サイバー攻撃の脅威

コインチェック事件「北朝鮮のしわざ」国連報告の衝撃

松原実穂子・NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 ベトナム・ハノイで2月末に開かれた米朝首脳会談で議題の一つだったのが、北朝鮮への制裁解除だった。北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射を受け、国連は2006年以降制裁を続けている。

 17年には北朝鮮の主要輸出品である石炭、鉄鉱石、海産物についても輸出が禁じられ、北朝鮮経済は打撃を受けた。17年時点の北朝鮮の1人当たりの推定国民所得は、わずか14万4000円だ。

 北朝鮮が制裁解除を求める理由の一つが、深刻化する外貨不足だ。外貨準備高は、40億~50億ドル(44…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1547文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

松原実穂子

NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト

早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務。フルブライト奨学金により米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)研究員などを経て現職。国内外で政府、シンクタンクとの意見交換やブログ、カンファレンスを通じた情報発信と提言に取り組む。