高齢化時代の相続税対策

「お父さんのぶんも頑張る」墓前で誓った46歳娘の思い

広田龍介・税理士
  • 文字
  • 印刷
 
 

 不動産業の会社を経営するTさん(76)は、同い年の妻、独身の長男(48)と関東の海辺の街で暮らしている。長男には、生まれつき小児まひの障害とぜんそくがあり、「少しでも空気のきれいな場所に」と東京から移り住んでから長い。もう一人の子である長女(46)も独身だがすでに独立し、東京で1人暮らしをしている。

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1466文字)

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。