ニッポン金融ウラの裏

消費者金融の「無人店舗」新設が目立つ意味合いは?

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 消費者ローン市場で微妙な変化が表れ始めている。銀行のカードローン融資残高が少しずつ減少する一方で、消費者金融など貸金業者のローン残高がじわじわ増えているのだ。利用者が銀行から消費者金融にシフトしている可能性がある。

 銀行業界は2年ほど前まで、個人向けのカードローンに力を入れ、残高が急伸していた。日銀のマイナス金利政策で利ざやがとれないなかで、高金利のカードローンは稼げたからだ。だが、その積極姿勢が「自己破産を助長しかねない」との批判を浴び、金融庁が実態調査に乗り出した経緯がある。

 銀行業界はカードローンの積極勧誘の自粛を申し合わせ、業界団体の全国銀行協会が毎月、融資残高を集計し…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1106文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。