マンション・住宅最前線

「春から賃貸生活」買って無駄になるモノNo.1は?

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 4月は新居での生活を始める人が多い。大学入学で1人暮らしを始める若い人も、転勤で単身赴任になったそれなりの年齢の方も、不安と期待が入り交じって新居での生活を待っていることだろう。

あとあと無駄になるガスコンロ

 新生活で、賃貸住宅を借りる場合、いろいろとそろえなければならない設備がある。

 たとえば、キッチンのガスコンロ。分譲住宅の場合、ガスコンロやIHクッキングヒーターはあらかじめ設置される。しかし、賃貸住宅の多くは、コンロを置く台はあるものの、ガスコンロやIHクッキングヒーターは置かれていない。多くの人は電気店や日曜大工センターに行き、なるべく安いガスコンロを買うことになる。

 入居者が自分でガスコンロを用意するのは、「他人が使って汚れたコンロは使いたくないでしょう」という発…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1550文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。