週刊エコノミスト・トップストーリー

中小企業M&A「心理的サポート役」期待される税理士

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 中小企業を事業承継する際、親族以外の法人や個人に事業を託すM&A(企業の合併・買収)が、インターネット上のマッチングサイトの登場で裾野が広がっている。その時の成否を左右するのが顧問税理士の存在だ。週刊エコノミスト4月2日号の特集「終活で頼れる税理士・司法書士・社労士」よりダイジェストでお届けする。

マッチングサイトで小規模M&A

 従来はM&Aで買い手探しや交渉を仲介事業者に頼らざるをえず、手数料が割にあわない小規模案件は門前払いというのが実情だったが、マッチングサイトの登場で状況が大きく変わった。第三者に事業を譲ることについて心理的な抵抗も下がっている。

 M&Aマッチングサイトは経営者が自ら交渉できるものが多い。売り手が自社の情報を登録し、関心をもった…

この記事は有料記事です。

残り1723文字(全文2053文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。