人生に必要な「おカネの設計」

「変動型住宅ローン」金利上昇時に元本減らないリスク

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 会社員のA太さん(35)と会社員で妻のB美さん(33)はマンション購入を検討しています。先日、5000万円の駅近新築物件のモデルルームで提案されたローン返済計画は、変動金利で月13万2572円で、現在の家賃とほぼ同額でした(前回参照)。

 しかしそれぞれの手取り収入は、A太さんが年305万円、B美さんが年190万円で、ローン返済額は現在の手取り年収の約32%に上ります。一方、老後資金をためる目安となる「必要貯蓄率」(本欄2018年5月24日公開の記事を参照)は9.7%で、5歳の子供の教育費や今後の生活を考えると、この物件の購入には無理があることがわかりました。

 A太さん夫妻は話し合い、親にも相談した結果、購入するのは4000万円の物件とし、親から頭金として8…

この記事は有料記事です。

残り1622文字(全文1955文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。