パチスロ最大手「大騒動」

「大手パチスロvs創業者」株主総会受付で“再バトル”

編集部
  • 文字
  • 印刷
パチスロ機製造最大手で、フィリピンでカジノとホテルの運営も行うユニバーサルエンターテインメントの本社
パチスロ機製造最大手で、フィリピンでカジノとホテルの運営も行うユニバーサルエンターテインメントの本社

 創業者が自ら育てた会社の株主総会への出席を拒否され、受付で押し問答になる――。中小の同族企業ならあることかもしれない。だが、上場企業で2年間に2度もそうしたトラブルが起きるのは尋常ではない。

 ジャスダックに上場するユニバーサルエンターテインメント(本社・東京都江東区)という企業がある。パチスロ機製造最大手で、フィリピンでカジノとホテルの運営も行っていて、年間売上高は932億円にのぼる。

 12月期決算のこの会社は、3月25日午前10時から東京都港区台場のホテルで定時株主総会を開いた。そこで、創業者であり、2年前まで会長として同社の実権を握っていた岡田和生氏(76)が会社から入場を拒否され、押し問答になる事態を繰り広げた。

この記事は有料記事です。

残り1754文字(全文2068文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz