経済プレミア・トピックス

横浜駅前に突如出現した「うんこと叫んでいい空間」

川村彰・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
うんこミュージアムの休憩エリアにある「ウンコ・ボルケーノ」
うんこミュージアムの休憩エリアにある「ウンコ・ボルケーノ」

 「うんこミュージアム」という体験型の遊戯施設が3月15日、JR横浜駅直結のアミューズメントビル「アソビル」2階に登場した。「うんこを見て、触って、撮って、遊んで」をテーマにアトラクションが並び、子供たちの「うんこ」と叫ぶ声が交錯するとてもシュールな空間だった。一部始終を報告する。

 1階の落ち着いた雰囲気の飲食街から2階ロビーに上がると、入場を待つ人の列ができていた。親子連れの姿が目立ったが、若者やカップルも多い。「うんこ型」にくりぬかれた受付カウンターまで進むと、入場制限をしているのが分かった。12人1組で順番に入るようだ。

 中へ進むと六つの便器が置かれていて、案内役の女性に“便座に座ってきばる”よう促される。本当にきばるわけではないが、ここで恥ずかしがるとこの後もきっと楽しめない。意を決してきばり声を上げると、突如「ブリッ」という効果音が響く。排せつの瞬間を思わせる音のリアルさに思わず笑ってしまった。

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1601文字)

川村彰

経済プレミア編集部

1974年静岡県生まれ。広告記事等のフリーライターを経て、2015年4月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。