経済プレミアインタビュー

日本うんこ学会のルーツに“大腸を失った”壮絶過去

編集部
  • 文字
  • 印刷
日本うんこ学会の会長を務める石井洋介医師=田中学撮影
日本うんこ学会の会長を務める石井洋介医師=田中学撮影

日本うんこ学会・石井洋介会長に聞く(上)

 「日本うんこ学会」という組織がある。本気か冗談か一瞬とまどうネーミングだが、会長の石井洋介医師(38)は「毎日のうんこチェックを呼びかけ、大腸がんなどの早期治療社会を目指す」と大まじめだ。「うんコレ」というスマホゲームの開発も大詰めという。なぜ「うんこ」にこだわるのか、石井さんに話を聞いた。【聞き手は経済プレミア編集部・川村彰】

 ――10代の頃、大病を患ったと聞きました。

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文1967文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz