人生100年時代のライフ&マネー

平成の30年で上昇「貯蓄ゼロ世帯」23%の危うさ

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

平成「30年の家計史」(2)

 貯蓄残高が「ゼロ」という世帯が増えている。平成の30年間でほぼ一貫して上昇し、調査によると現在2~3割の世帯は将来の出費に備える預貯金などを持たない。リスクに脆弱(ぜいじゃく)な家計がここまで広がっている。

「貯蓄ゼロ」87年3%から17年31%へ

 「30、40代『貯金ゼロ』が23%」。毎日新聞が3月6日に伝えたニュースはネットの反響を呼んだ。消費者金融SMBCコンシューマーファイナンスの調査で30~40代で「貯蓄額ゼロ」と答えた人は前年比6ポイント増の23.1%。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では「非正規はぎりぎり」「格差が広がった」「現役世代は厳しい」などの声が上がった。

 家計の貯蓄に関しては長期統計がある。日銀に事務局を置く金融広報中央委員会が1963年から行う「家計…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1761文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。