「定年後」は間違いなくやってくる

「会社を使う人」と「会社に使われる人」決定的な違い

編集部
  • 文字
  • 印刷
楠木新さん
楠木新さん

「会社に使われる人」楠木新さんに聞く(1)

 会社員の退職後の生き方を描いた著書「定年後」(中公新書)が約26万部のベストセラーになった楠木新さん(64)が、新著「会社に使われる人 会社を使う人」(角川新書)を出版した。楠木さんは同書で、サラリーマンの人生を豊かにしてくれる「資源」が会社には山のようにあると指摘する。インタビューを8回に分けてお届けする。【聞き手は経済プレミア編集長、今沢真】

 ――自分が勤める会社の価値に気づいて活用できるかどうかで、定年後の人生が大きく変わるというのが楠木…

この記事は有料記事です。

残り1733文字(全文1979文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz