経済プレミアインタビュー

ゲーム開発も うんこ学会“がん早期発見”への思い

編集部
  • 文字
  • 印刷
日本うんこ学会の面々。医療業界だけでなくさまざまな職種の人が集う=石井さん提供
日本うんこ学会の面々。医療業界だけでなくさまざまな職種の人が集う=石井さん提供

日本うんこ学会・石井洋介会長に聞く(下)

 10代で潰瘍性大腸炎を患い、人工肛門も経験した外科医の石井洋介さん(38)は、20歳のとき「人工肛門を閉じる」手術を受け、執刀医に憧れて医師を志した。念願の医師となった後、医療現場で“ある事実”に直面し、「日本うんこ学会」を設立することになる。石井さんが目指す医療の形を聞いた。【聞き手は経済プレミア編集部・川村彰】

この記事は有料記事です。

残り1738文字(全文1917文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz