熊野英生の「けいざい新発見」

新元号「令和」消費押し上げ“経済効果”どれくらい?

熊野英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
新元号を発表する記者会見で「令和」と紙に墨書された額を掲げる菅義偉官房長官=首相官邸で2019年4月1日、川田雅浩撮影
新元号を発表する記者会見で「令和」と紙に墨書された額を掲げる菅義偉官房長官=首相官邸で2019年4月1日、川田雅浩撮影

 新元号が「令和」に決まり、5月1日から令和元年がスタートする。新元号の経済効果は、マクロ経済にどのくらい好影響を及ぼすことになるのか。

 まず想定されるのは、消費のキャンペーンである。すでに新元号にあやかって、消費拡大のポイントセールや割引販売などが行われている。4月1日の新元号発表は、それなりに大きなお祝いムードが感じられた。同日発表の日銀短観では、大企業・製造業の業況判断指数(DI)がプラス12と、前回調査から7ポイントも悪化し、世界経済の減速感が企業マインドに暗い影を落としたが、そうしたネガティブな動きに対抗する力として「元年効果」は期待される。

 仮に4月の消費マインドが上向けば、景気後退リスクにいくらか歯止めがかけられる。またゴールデンウイー…

この記事は有料記事です。

残り1732文字(全文2061文字)

熊野英生

第一生命経済研究所 首席エコノミスト

1967年山口県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。90年、日本銀行入行。調査統計局などを経て、2000年、第一生命経済研究所入社。11年4月から現職。専門は金融政策、財政政策、金融市場、経済統計。