人生に必要な「おカネの設計」

共働き向け「ペアローン」工夫次第で総支払額が大幅減

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 3歳の子供を育てる共働き夫婦のA介さん(33)とB子さん(34)は、4800万円のマンション購入を検討しています。自己資金から頭金800万円を出し、残りの4000万円をローンで借り入れる計画です。

 互いに会社員のA介さん夫婦の年収は、A介さんが510(手取り400)万円、B子さんが460(手取り360)万円です。どちらか一方だけでローンを組むのは難しいため、「ペアローン」を利用します。ペアローンはそれぞれが債務者となることで、より多額の借り入れができます。共働き世帯が増える中、利用者も増えています。

 ただ金融機関側から見れば、「夫(妻)だけの収入では貸し出せない金額を、夫婦で債務を分散すれば貸してあげますよ」というスタンスです。特にペアローンで大きな借り入れをする場合は、「自分たち夫婦には大きすぎる額」であることを肝に銘じておく必要があります。今回は、上手なペアローンの組み方を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文2073文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。