ニッポン金融ウラの裏

銀行主導デジタルマネーが「お祭り騒ぎ」で終わる懸念

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 銀行業界でデジタルマネー導入の動きが続いている。みずほグループは独自のデジタルマネー「J-COIN」を3月からスタートし、三菱UFJグループも「MUFGコイン」を今年から本格導入する構えだ。

 デジタルマネーは、政府が提唱する「キャッシュレス社会」の一環として注目されてきた。銀行業界では、現金を取り扱う業務コストを削減する観点からもデジタルマネー導入の動きを強めてきた。

 しかし、銀行業界の姿勢に対し「利用者目線が乏しく、自分たちのご都合で前のめりになっている」という冷…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1193文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。