海外特派員リポート

<動画>英離脱派の集会で流れる曲「希望と栄光の国」

三沢耕平・欧州総局特派員(ロンドン)
  • 文字
  • 印刷
メイ首相がEUと合意した協定案が議会で否決された直後、首相官邸周辺に離脱延期に抗議する市民が集結した=2019年3月29日、三沢耕平撮影
メイ首相がEUと合意した協定案が議会で否決された直後、首相官邸周辺に離脱延期に抗議する市民が集結した=2019年3月29日、三沢耕平撮影

 欧州連合(EU)からの離脱を巡り大混乱に陥っている英国。離脱派が集会で好んで歌う「英国を象徴する歌」について、毎日新聞欧州総局(ロンドン)の三沢耕平特派員が下記記事でリポートしました。

 <<動画付き>英離脱派が大合唱する“第2国歌”

 この記事に「ルール・ブリタニア」を大合唱する英離脱派の動画を掲載しましたが、もう一曲、三沢特派員が撮影した動画を掲載します。首相官邸前の路上で行われていた別の離脱派グループの集会で流れていた曲です。

行進曲「威風堂々」の替え歌

 この曲は「希望と栄光の国」(ランド・オブ・ホープ・アンド・グローリー)。英国の作曲家、エドワード・エルガーの行進曲「威風堂々」の一部に歌詞をつけたもので、やはり英国第2の国歌として親しまれている曲です。

 「汝(なんじ)の領土はますます拡大を続ける」

 「汝を強大ならしめた神は、なお汝を強大ならしめん」

 歌詞には英国人の「愛国心」を刺激する文言が並んでおり、参加者は英国旗やプラカードを振りながら合唱しています。三沢特派員は、こうした曲の歌詞に、英国人はなぜEUから離脱したいのかという疑問へのヒントが隠されていると分析しています。【経済プレミア編集部】

 <「海外特派員リポート」は原則、土曜日に更新します>

三沢耕平

欧州総局特派員(ロンドン)

1972年千葉県生まれ。明治大学法学部卒。98年毎日新聞社入社。松本、甲府支局を経て、2004年から経済部で財務省、日銀、財界などを取材。政治部にも在籍し、首相官邸、自民党などを担当した。16年10月から欧州総局特派員。