「定年後」は間違いなくやってくる

「会社と距離感を持つ女」と「会社に埋没して働く男」

編集部
  • 文字
  • 印刷
楠木新さん=2019年2月25日、川村彰撮影
楠木新さん=2019年2月25日、川村彰撮影

「会社に使われる人」楠木新さんに聞く(7)

 定年後に向けた働き方をめぐる楠木新さんとのインタビューは、女性の働き方に話が進んだ。楠木さんは、女性は「会社員以外の自分」を持つ人が男性より多いと考えている。どんな理由があるのだろうか。【聞き手は経済プレミア編集長、今沢真】

 ――政府が「女性活躍」の旗印を掲げ、女性の管理職比率を欧米並みの30%にという目標が示されています。こうした政策をどう見ていますか。

 ◆楠木新さん 女性登用がもっともっと進んでいくことが望まれます。でも、男性と同じような働き方をしな…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1492文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz