「定年後」は間違いなくやってくる

会社にいる間に「60歳での自立」を準備する生き方

編集部
  • 文字
  • 印刷
楠木新さん=2019年2月25日、川村彰撮影
楠木新さん=2019年2月25日、川村彰撮影

「会社に使われる人」楠木新さんに聞く(8)

 「会社に使われる人 会社を使う人」(角川新書)の著者、楠木新さんのインタビューの締めくくりは、定年後に向けた「助走期間」の話に戻る。楠木さんは50歳前後で、会社をうまく使いながら次のステップの準備をすべきだと改めて強調する。最終回をお届けする。【聞き手は経済プレミア編集長、今沢真】

 ――学生のころから「会社に入って、そこでずっと働いていく」と頭に刷り込まれて、それ以外はあまり考え…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1389文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz