高齢化時代の相続税対策

借金の保証3000万円を相続「節税特例」は使えるか?

広田龍介・税理士
  • 文字
  • 印刷
 
 

 Aさんは、弟が経営する会社が事業資金を銀行から借り入れる際、その保証人となった。その後、Aさんが亡くなり相続が開始された。Aさんには妻子はなく、相続人はAさんの父親だけだ。

「債務控除」は受けられるのか

 実は、Aさんが亡くなる直前、弟の会社の経営が厳しいことが表面化していた。相続開始後、弟と父親、銀行の3者が債務の弁済について話し合いを持った。

 その結果(1)弟の会社は、銀行に担保として提供している土地を売却、その代金で借入金の一部を弁済する…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1475文字)

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。