サイバー攻撃の脅威

SNS個人情報を悪用するサイバー版“振り込め詐欺”

松原実穂子・NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷
タイ警察に逮捕された詐欺グループが「拠点」とした住宅=タイ・パタヤで2019年4月8日、西脇真一撮影
タイ警察に逮捕された詐欺グループが「拠点」とした住宅=タイ・パタヤで2019年4月8日、西脇真一撮影

 2019年3月、タイ中部のリゾート地として知られるパタヤで、振り込め詐欺に関わった疑いのある日本人の男15人がタイ警察によって逮捕された。パタヤは、日本人を狙って電話をかける詐欺グループの拠点になっていたと見られる。

 容疑者たちは「有料サイトの利用料金が長期間未納になっており、早急に裁判への対応が必要だ」などと言葉巧みに電話し、金をだまし取っていた。被害者は日本全国に200人以上おり、被害総額は2億2000万円以上と報じられている。

 拠点となった一軒家からは、IP電話機50台とノート型パソコン20台が見つかった。多くの電話があるこ…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1310文字)

松原実穂子

NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト

早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務。フルブライト奨学金により米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)研究員などを経て現職。国内外で政府、シンクタンクとの意見交換やブログ、カンファレンスを通じた情報発信と提言に取り組む。