経済プレミアインタビュー

低所得世帯対象「大学無償化」から取り残される中間層

編集部
  • 文字
  • 印刷
久米忠史さん
久米忠史さん

 学費負担が重すぎるという批判を受けて、奨学金の改革が進む。2020年度には低所得者世帯を対象に「高等教育無償化」が始まる見通しだ。奨学金アドバイザーとして第一線で活躍する久米忠史さん(51)に改革の効果や課題を聞いた。【聞き手、経済プレミア編集部・渡辺精一】

奨学金アドバイザー・久米忠史さんに聞く(3)

 ――奨学金は制度改革が進行中です。17年に返済不要の給付型が導入され、20年にはそれを拡充した「高等教育無償化」がスタートします。状況は改善されますか。

 ◆久米忠史さん 給付型の拡充は「生活費支援」という考え方を取り入れたことが大きい。日本では奨学金は…

この記事は有料記事です。

残り1584文字(全文1863文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz