人生に必要な「おカネの設計」

消費税増税後に受けられる住宅購入「四つの支援策」

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 今年10月に消費税率が8%から10%に引き上げられます。住宅の場合、戸建てであれば土地代に消費税はかからず、建物部分だけが課税されます。例えば、建物部分が2500万円であれば、税率8%で200万円、10%で250万円です(個人間での売買は消費税がかかりませんが、不動産会社が中古物件を買い取りリフォームして販売する場合はかかります)。

 住宅購入では消費税の負担も大きくなります。最近、私は「住宅は増税前に買ったほうがよいかどうか」とい…

この記事は有料記事です。

残り1884文字(全文2102文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後セミナー講師、生命保険会社を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「人生にお金はいくら必要か」(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)などがある。