ベストセラーを歩く

「82年生まれ、キム・ジヨン」女性への差別と無理解

重里徹也・文芸評論家、聖徳大教授
  • 文字
  • 印刷
 
 

 「82年生まれ、キム・ジヨン」(斎藤真理子訳、筑摩書房)は韓国の女性作家チョ・ナムジュによる小説だ。韓国で100万部を突破する大ベストセラーになり、日本でも話題を集めた。今も多くの書店で平積みになっている。

 韓国において女性が置かれている状況を冷静に描き出した作品で、理不尽に差別されていることへの怒りがひしひしと伝わってくる。それだけではない。女性差別の根深さは単に社会の矛盾を示すだけでなく、人々の心の深いところにある利己意識や既得権への執着、醜悪な欲望と気高い勇気をも照らし出していく。

 そして、小説の舞台は韓国なのに、そのまま日本にもあてはまると思われる記述が多いのも印象的だ。共感す…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1399文字)

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。