人生に必要な「おカネの設計」

住宅ローンの賢い返済策「退職金一括」に“落とし穴”

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 住宅ローンは、定年や完全に仕事を辞めるリタイア時までに完済することが望ましいといえます。老後の支出が抑えられ、少しでも安心して生活できるからです。ただし、中には返済が終わらないケースもあります。その場合、年金から返済していく必要が出てきます。今回は、老後の生活費と住宅ローンの関係を考えてみます。

年金の平均受給額は月20万円程度

 まず、老後の生活のベースとなる年金額を確認します。2019年度のモデル世帯の年金月額は、自営業者などが受け取る老齢基礎年金が6万5008円、サラリーマンが受け取る老齢厚生年金は22万1504円です(厚生労働省年金局「2019年度の年金額改正について」より)。これは、夫が平均的収入で40年間就業し、妻がずっと専業主婦の世帯の標準的な金額です。

 実際の受給額はもっと少ないのが現実です。17年度の老齢基礎年金の平均受給月額は約5万6000円で、…

この記事は有料記事です。

残り1583文字(全文1970文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後セミナー講師、生命保険会社を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「人生にお金はいくら必要か」(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)などがある。