人生100年時代のライフ&マネー

住宅ローン既契約者の「変動金利」が下がらない理由

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

住宅ローンを考える(1)

 変動型の住宅ローンを組み、その後、マイナス金利導入などで金利が低下したはずなのに、自分の変動金利は下がらない――。こんな疑問を持つ人はいないだろうか。そこには日本の住宅ローン特有の事情がある。

短プラに連動する「変動型」

 住宅ローンの金利には、固定型と変動型の大きく二つがある。固定型は契約時の金利が返済終了までずっと適用される。変動型はローン契約期間中、一定期間ごとに金利が見直される。

 固定型と変動型では金利の決め方が違う。固定型は長期にわたり金利が固定されるため長期金利が指標となり…

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1617文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。