けいざい多面鏡

東芝の後は千代田化工!?「海外プラント」の落とし穴

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
決算説明の記者会見にのぞむ千代田化工建設の経営陣=東京都内で2019年5月9日、今沢真撮影
決算説明の記者会見にのぞむ千代田化工建設の経営陣=東京都内で2019年5月9日、今沢真撮影

 千代田化工建設という東証1部上場の企業がある。製油所や液化天然ガス(LNG)施設の建設といったBtoB(企業間)取引が専門だ。消費者にはなじみは薄いが、プラント業界2位の大手だ。その会社が海外プラント建設で2000億円規模の損失を発生させ、債務超過に陥った。三菱商事の支援を受けるというが、何があったのか。

 同社は2014年、米ルイジアナ州のLNGプラント建設事業を米企業CB&I社と共同で約6000億円で受注した。3系列の天然ガス液化施設を作りLNGを日本やアジアに輸出する計画で、現在は第1系列の工事が終盤にさしかかっている。その工事で人件費が高騰し、工費が大幅に拡大したのが巨額損失の主因だという。

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1300文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1983年毎日新聞入社。89年経済部。日銀キャップ、財研キャップ、民間企業キャップを歴任。2013年論説委員。15年経済プレミア創刊編集長。19年から同編集部。16年に出版した「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)がビジネス部門ベストセラーに。ほかに「東芝 終わりなき危機」など。16~18年度城西大非常勤講師。