自動車不正リポート

スズキ89歳会長と影の薄い社長「親子コンビ」の危うさ

編集部
  • 文字
  • 印刷
決算会見の冒頭、検査不正問題で謝罪するスズキの鈴木修会長=東京都内で2019年5月10日、今沢真撮影
決算会見の冒頭、検査不正問題で謝罪するスズキの鈴木修会長=東京都内で2019年5月10日、今沢真撮影

 多数の検査不正や不正隠しが4月に発覚したスズキ。5月10日に東京都内で行われた2019年3月期決算会見で、カリスマ経営者と呼ばれてきた鈴木修会長(89)が謝罪を繰り返した。

 鈴木会長は1978年の社長就任から長期間、トップの座に座り、スズキを「軽自動車の雄」と呼ばれるまでに引っ張ってきた。15年に長男の俊宏氏(60)に社長を譲って会長となったが、いまもスズキの“顔”だ。

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1240文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz