東芝問題リポート

東芝は今年度「営業利益1400億円」を達成できるか

編集部
  • 文字
  • 印刷
東京・浜松町の本社で行われた東芝の決算発表=2019年5月13日、今沢真撮影
東京・浜松町の本社で行われた東芝の決算発表=2019年5月13日、今沢真撮影

 東芝は5月13日、2019年3月期連結決算を発表した。売上高3兆6935億円に対し、営業利益は354億円で、売上高に占める比率は1%に満たなかった。同業の日立製作所は約8%、パナソニックは約5%で、東芝の収益力の低さが改めて浮き彫りになった。

 18年4月に車谷暢昭(くるまたに・のぶあき)会長兼最高経営責任者(CEO)が就任して約1年。コストダウンと収益力強化に取り組んできたが、成果は出ていない。20年3月期の営業利益を3.9倍の1400億円と見込んでいるが、その数字が達成できるかどうかが「車谷体制」の試金石となる。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1079文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz