カリスマ転落

ルノー大ショック!?業績悪化の日産「10年ぶり減配」

編集部
  • 文字
  • 印刷
2018年度決算を発表し、記者会見する日産自動車の西川広人社長=横浜市西区の本社で2019年5月14日、丸山博撮影
2018年度決算を発表し、記者会見する日産自動車の西川広人社長=横浜市西区の本社で2019年5月14日、丸山博撮影

 日産自動車は5月14日、2019年3月期連結決算を発表した。売上高は前期比3.2%減の11兆5742億円、最終(当期)利益は57.3%減の3191億円と業績が悪化していることを印象づけた。

 今回の決算発表で投資家にとって大ショックなのは、1年後の20年3月期の大幅な減配が公表されたことだ。日産は株価水準に比べて高い配当であることで知られている。検査不正やカルロス・ゴーン前会長の逮捕といった事態が相次ぎ、株価が弱含んでいることもあり、配当利回りの水準は高く、投資家にとって人気の株式だった。

 19年3月期は1株当たり57円という日産では過去最高の配当が予定されている。ところがこの日、翌20…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文840文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz