藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

なぜモロッコに「スペイン領セウタ」は存在するのか

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
長い間セウタの守りの要だった城の跡は公園になっていた(写真は筆者撮影)
長い間セウタの守りの要だった城の跡は公園になっていた(写真は筆者撮影)

ジブラルタル海峡編(5)

 アフリカ大陸の北西端にスペインが領有するセウタは、欧州の小都市そのもののたたずまいだった。しかし、出生率の高いアフリカから少子化する欧州への人口移動圧力が強まる中、アフリカ側にある飛び地は、不法移民流入の窓口になりかねない。ここはなぜスペイン領になっていて、現在の存在意義、そして経済基盤は何なのか。

この記事は有料記事です。

残り3228文字(全文3391文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外105カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。