経済プレミア・トピックス

レオパレス創業家社長「辞任しても取締役残留」の疑問

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
決算発表の記者会見で質問に答えるレオパレス21の深山英世社長=東京都中央区で2019年5月10日、竹内紀臣撮影
決算発表の記者会見で質問に答えるレオパレス21の深山英世社長=東京都中央区で2019年5月10日、竹内紀臣撮影

 賃貸アパート大手レオパレス21の深山英世社長は5月10日の2019年3月期連結決算発表の記者会見で、社長を辞任する考えを表明した。自身が社長の任期中に施工不良の物件が見つかり、大幅な最終赤字に転落したことによる引責辞任だ。しかし、創業家出身の深山氏は社長を辞任する同30日以降も取締役として残るという。果たして、これで同社の経営は刷新できるのだろうか。

 深山社長は記者会見で「全棟調査を続ける中で、私が社長になった以降も施工不備がみつかった。これによっ…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1310文字)

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部