スルガ銀行 不正の構図

「新生銀・ノジマと提携」スルガ銀の信用補完になるか

編集部
  • 文字
  • 印刷
新生銀行本店前でデモ活動を行うシェアハウス被害者同盟のメンバー=東京都中央区で2019年5月15日、今沢真撮影
新生銀行本店前でデモ活動を行うシェアハウス被害者同盟のメンバー=東京都中央区で2019年5月15日、今沢真撮影

 東京・日本橋の三越本店のはす向かい、中央通りに面した角地に立つ高層ビルに新生銀行本店が入居する。日銀本店も見えるその交差点で5月15日朝8時すぎ、垂れ幕やプラカードを掲げた70人ほどの人たちがビルを囲んで声をあげていた。

 「新生銀行はスルガ銀行の悪質さを理解しろーっ」「中途半端なスルガ銀行との提携は世間が許さないぞーっ」

 シェアハウスをめぐる不正融資が発覚した地銀、スルガ銀行の2019年3月期決算発表がこの日午後、予定されていた。2日ほど前から大手新聞が「新生銀行がスルガ銀行と資本提携へ」と報道し、決算発表に合わせて発表されるとの見方が広がっていた。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1181文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz