経済プレミア・トピックス

タレント千秋さんが支援する「ハンドメード」の注目度

中村智彦・神戸国際大学教授
  • 文字
  • 印刷
タレントの千秋さん(ハローサーカスのインスタグラムより)=HCproject提供
タレントの千秋さん(ハローサーカスのインスタグラムより)=HCproject提供

 タレントの千秋さんが2013年に主宰して始めた「ハローサーカス」が、個性的な事業展開で注目されている。「かわいい」ハンドメード作品を取り扱う、店舗のイベントスペースなどに突然出店し期間限定で展開する「ポップアップショップ」で、昨年8月からは全国ツアー中だ。これまでに19回開催してきた。独自の取り組みをする理由やその仕組みを、千秋さんと関係者の声を交えながら紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1594文字)

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。