海外特派員リポート

米で有望ベンチャー生む「賞金1億円コンテスト」

中井正裕・北米総局特派員(ワシントン)
  • 文字
  • 印刷
世界35カ国・地域の代表企業が参加したコンテストの表彰式。優勝したベトナムのベンチャー企業の代表者(左から3人目)にトロフィーと賞金が贈られた=米サンフランシスコで5月17日、中井正裕撮影
世界35カ国・地域の代表企業が参加したコンテストの表彰式。優勝したベトナムのベンチャー企業の代表者(左から3人目)にトロフィーと賞金が贈られた=米サンフランシスコで5月17日、中井正裕撮影

 巨大IT企業のアップルやグーグルを生んだ米カリフォルニア州シリコンバレー。世界中から人材、アイデア、投資マネーが集まり、新たなベンチャー企業が次々と誕生している。その好循環を生み出している要因の一つが、ベンチャー企業が投資家に自社の製品やサービスを短時間でアピールするコンテストの存在だ。

 シリコンバレー近郊のサンフランシスコで5月17日、世界35カ国・地域の代表がプレゼンテーションを競い合うコンテスト「スタートアップ・ワールドカップ2019」の決勝大会が開かれた。

 米国やアジアで活動する投資会社「ペガサス・テック・ベンチャーズ」が3年前から主催する。今年の大会は…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1288文字)

中井正裕

北米総局特派員(ワシントン)

1975年京都府生まれ。立命館大学法学部卒。2000年毎日新聞入社。岐阜支局、中部報道センターを経て、09年から経済部で電力改革、貿易交渉、日銀などを取材。政治部にも在籍し、首相官邸、自民党などを担当した。18年10月から現職。