週刊エコノミスト・トップストーリー

藤沢市の「あおいけあ」はなぜ丁寧な介護ができるのか

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
「あおいけあ」の施設内で談笑するお年寄りと介護スタッフ(加藤忠相氏提供)
「あおいけあ」の施設内で談笑するお年寄りと介護スタッフ(加藤忠相氏提供)

加藤忠相・介護施設「あおいけあ」代表取締役に聞く

 慢性的な人手不足に悩む介護業界。先進的な認知症ケアで注目を集める神奈川県藤沢市の「あおいけあ」は、職員の定着率が高いことで知られる。次世代のリーダーとして期待される加藤忠相代表取締役が、介護への思いや業界の問題点について語った。週刊エコノミスト6月4日号の巻頭特集「11兆円市場 介護の勝者」よりお届けする。【聞き手=エコノミスト編集部・浜田健太郎】

この記事は有料記事です。

残り2080文字(全文2280文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。