「自己保身社会」の現実

強すぎる「自己愛」が他人へのSNS攻撃の背景にある

編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

「嫉妬と羨望」精神科医・片田珠美さんに聞く(3)

 他人を攻撃する書き込みがインターネットに氾濫しています。人を攻撃するエネルギーはなぜ生まれるのでしょうか。精神科医・片田珠美さんは、原動力は「怒り」だと指摘します。インタビューの3回目をお届けします。【聞き手は経済プレミア編集部、今沢真】

 ――他人を攻撃する投稿がネット上にあふれています。その背景に「嫉妬や羨望(せんぼう)」があるという片田さんの分析です。だとすると、嫉妬と羨望という感情がすごいエネルギーを生んでいることになります。それだけのエネルギーがなぜ生まれるんでしょうか。

 ◆片田珠美さん 嫉妬と羨望はものすごく大きな力を生みます。なぜかと言えば、羨望は「怒り」なんです。…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1526文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz